延喜式内 網戸神社                                   公式ホームページ

延喜式内とは...

延喜式・・・平安時代中期に編纂された格式(律令の施行細則)で、三代格式の一つである。

延喜格式・・・ 醍醐天皇が藤原時平に編纂させた。

延喜式神名帳(えんぎしき じんみょうちょう)・・・延喜5年(927年)にまとめられた「延喜式」の巻九・十のことで、当時「官社」に指定されていた全国の神社一覧。式内社は全国で2861社で、そこに鎮座する神の数は3132座である。

式内社(しきないしゃ)、式社(しきしゃ)・・・一種の社格となっている。朝廷から官社として認識されていた神社。

由緒


 当社の主祭神、田心姫命(たごりひめのみこと)(水運の神)をいつ頃勧請したか、

未だ明らかではないが、社殿の再建は、平城天皇の御代、大同元年(西暦806)10月28日である。
 醍醐天皇の御代に、延喜式内に列したともいわれたが、詳らかではない。
 天慶2年、藤原秀郷は、平将門追討に際し当社に祈願し、戦勝の砌、金百貫文を奉納した。
 源頼朝も、文治3年、小山政光の妻、寒川尼を当地方の地頭職に任じ、当社に領地を寄進した。
以来、尼公をはじめ、歴代の網戸城主の崇敬も篤く、小山家の定紋「左二ツ巴」を、

当社の神紋としている。
 この頃、藤原一族の祖神、天児屋根命(あめのこやねのみこと)(人神の間をとりもつ神)

を併せて祀った。
 江戸時代、後光明天皇の頃より、寛政・文政にかけて、社格問題その他で揺動し、

かつ曲折した。
 かくてその後、古河藩の治下にあっては、在郷の篤志家等が、神官を輔翼して、当社を護持し、

維新を迎えた。
 明治新政府は、国家神道の観点から、神社の再編成をなしたが、当地方は大幅に遅れた
 大正3年5月20日、渡良瀬川改修工事の一環として堤防拡幅がなされ、当社は、

本宿二四四八番地の千古の杜より、旧城内に遷宮した。
 この年の8月19日、沼ノ台の浅間神社、庚申塚の皇宮神社、高揚の熊野神社、

折本の奥瀬神社、本宿の八坂神社、大境の神明宮を合祀し、 既存の水神宮、天満宮、千形神社、

権兵衛稲荷神社、三峯神社等と共に境内神社とした。

 神職は、天正以降、小山家譜代久楽持家の世襲である。